フェイク商品による危機

所要時間: 6
Real vs Fake
コピー商品の一例
左:Venus PrototypeとMother of Londonによるコスチューム
右:中国製のコピー商品
from The Fetishistas
 以前にフェイク(偽造)商品について書いてから時間が経過しましたが、状況は変わらないどころか、悪い方向に動きつつあります。
 
 これまでと同じく販売時の写真盗用やデザインの盗用だけでなく、ブランド名の詐称やラバーファッションの場合ですと使用される生地のフェイクまで出て来るようになりました。ファッション用ラバー生地は、Radical Rubber社4D Rubber社Sheet Latex社がその多くを占めているのですが、その社名ブランド名を騙り、デザインの盗用だけでなく粗悪な品質の生地で作られた物が出回るようになってきました。
 
 こちらのコラムで触れたように他のファッション用生地とは異なる生地の為、素材そのものの匂い(香り)も明らかにことなり、粗悪なものはタイヤのような明らかにケミカルな添加物を意識させるものまであります。筆者は直接経験はしていないものの、何らかのアレルギー反応など健康被害すらも考えられる状況となっています。勿論、縫製などにも問題があり、まさに品質劣化コピーと断ぜざるを得ない商品が出回っているのです。

 このフェイクを助長しているのがドロップシッピングやオークションであると考えられています。ドロップシッピングは販売者と製造者(また発送元)が異なる点が問題で、故意であるかどうかは別として、そのフェイクを販売する業者が簡単に増えてしまうという難しい問題があり、さらにオークションはこれに加え販売者が企業ではなく個人であることも多く、いわゆる「売り逃げ」が可能である点も問題となります。

 フェイクが製造されているのは、そのほぼ全てが中国であるとされており、自動車や電子機器などのフェイク問題と同じ構造となっていますが、前述したドロップシッピングやオークションでその多くが現在のところ販売の中心であること、そして市場規模が異なっています。確かに市場規模としては自動車などと比べるべくもないほど小さい市場でしょう。ですが、その小さな市場にすら、このようなフェイクが生まれ、そして販売されてしまうことに非常な危機感を覚えます。

 ファッションデザイナーがこの危機に対し座して静観しているかというとそうでもなく、Libidexがフェイク商品への注意喚起を促したり、フェイク業者を名指しした上で不買するように消費者に求める運動を始めています。またeBayでは、画像登用によるフェイク販売者を追放したり、商品の削除を迅速に行うようになったりと、徐々にフェイクを販売させない方向に動き出してきました。

 では日本ではどうかというと、某巨大オークションサイトでは明らかにフェイクの商品が堂々と販売されており、またフェイク商品を販売しようとしている独立したショップサイトすらも見られます。現在日本ではフェティッシュファッション、特にラバーファッションを扱うショップが非常に数少ないという現状もあり、フェイク商品が蔓延する素地が整ってしまっているように思われます。

 安く、パッと見だけで良いように見えても、健康被害を受ける可能性があり、さらにはそのオリジナルデザインを考案したデザイナーやブランドも苦しめるだけのフェイク商品。それとは知らずに買ってしまうこともあるかもしれません。それを避けるために、これからもフェイク商品動向についてはFetish-Style.infoでは触れていく予定ですので、ご覧いただければ幸いです。

 最後にフェイク商品についての記事をご紹介します。全て英語となっていますが、一読の価値ありです。

Latex copycats: time these pirates walked the plank (The Fetishintas)
http://knockoffknockdown.tumblr.com/

2011/04/20追記 こちらで指摘されていたフェイク商品販売サイトが閉鎖されたようです
latexcatsuit

latexcatsuit

Fetish-Style.info管理人(a.k.a. latexcatsuit)です。
フェティッシュファッション、特にラバーファッションへの思い入れがあり、少しでもフェティッシュファッション、ラバーファッションを知っていただくために、ほぼ毎日更新しています。
ご不明な点や質問等は各エントリーへのコメント、またはコンタクトフォームからお知らせください。
@latexcatsuit latexcatsuit

2 注釈 “フェイク商品による危機

  1. まったくその通りだと思います
    コピー商品に関して、私も健康に支障をきたした一人です
    ラバーシートがいけないのか、接着剤がいけないのかわからないですが
    キャットスーツを1日着ていたところ、下半身特に男性自身周辺が痒くなり
    ボロボロと皮膚が劣化し、痛みを伴ってかぶれてきました
    話には聞いていましたが、実際に我が身で体験すると劣悪なラバー製品に
    驚きと怒りを隠し得ません

    また、堂々と中国製であることをうたい、その分価格が安いと表記するショップはまだ
    良心的であるが、中国製であることまったく表記しないショップもあり価格もそれなりに高額である
    オリジナルと称しても、よく見ると英国のメーカーのパクリでもあったりする
    英語が苦手で、ついつい日本のショップに頼んでしまうのだが、リビテックスジャパンのように
    日本語のメールで受け付けてくれるところもあるようだし、少々割高でもこの方が安心できると言うもの
    まだまだ日本では少ないがラバー愛好家が、良質なものを安心して入手できる環境を望みたいものです

    1. モルさん
      コメント、ありがとうございます。
      実際に被害に合われたんですね。今は快癒されたのでしょうか?
      ラバーやPVCを始めとしたフェティッシュファッションはまだまだ日本ではマイナーな存在ですが、だからこそ「きちんとしたもの」が求められるのではないかと考えています。
      安いとはいえカジュアルファッションに比べまだ割高な存在であることですし、良質なものを手軽とまではいかないまでも以前よりは入手しやすい状況となれば、また周辺環境が変わってくるのではないかと考えています。

この記事にコメントを残してみませんか?