beGLOSSラバーケア用品各種の使用法と使用感

所要時間: 12
beGLOSS logo 2015年半ばに登場し、2016年から日本導入が始まった新しいラバーケア用品ブランドbeGLOSSの各種用品を入手し実際に使用した上での。その使用法と使用感についてまとめてみました。(beGLOSSのブログ記事はこちら

1.beGLOSSのラバーケア用品ラインナップ

beGLOSS

 beGLOSSブランドでは、ラバーケア用品ラインナップとして、現在のところ次の5製品をラインナップしています。

beGLOSS Easy Glide(イージー・グライド)
beGloss Easy Glideラバーウェア専用ドレッシングエイドローション
100ml ?2,000/250ml ?3,000
beGLOSS Special Wash(スペシャル・ウォッシュ)
beGLOSS Special Washラバーウェア専用洗浄剤
250ml ?2,500
beGLOSS Perfect Shine(パーフェクト・シャイン)
beGLOSS Perfect Shineラバーウェア専用光沢保護剤
100ml ?2,000/250ml ?3,000
beGLOSS Talcum Powder(タルカム・パウダー)
beGLOSS Talcum Powderラバーウェア専用タルカムパウダー
120g ?2,500
beGLOSS Clean & Care(クリーン&ケア)
beGLOSS Clean and Careラバーウェア専用クリーナー兼光沢剤
(日本未導入)

2.実際の使用法と使用感

beGLOSS Easy Glide(イージー・グライド)

beGloss Easy Glide

使用法
着用するラバーの内側や素肌、特に着用時に引っかかりやすい足や腕、腰回りに直接塗布して、ラバーを着用。

使用感
伸びがかなりよくサラサラとした印象です。またスベリもかなり良く、ひっかかって裂ける事態はかなり避けられるかと思われます。
一時的な光沢剤としても使用可能ですが、布などと擦れることで落ちてしまうため、注意が必要です。永続的な効果を期待する場合はPerfect Shineがオススメです。
使用量によって異なりますが、250mlボトルで15〜20回前後の着用に使用可能かと思われます。

beGLOSS Special Wash(スペシャル・ウォッシュ)

beGLOSS Special Wash

使用法
水またはぬるま湯5Lに対して大さじ2杯程度混ぜ、そこへラバーを投入。
表裏ともに表面を撫でるように汚れを落とし、すすいで終了。
洗浄後、Perfect ShineやVivishine、タルカムパウダーで保管時のくっ付きを防止。

使用感
ボディーソープなどを使って洗った時のような洗浄後のくっ付きはほぼなく、また無香性なのでラバーに異なる匂いがつくこともなく、使い心地は上々です。
バスタブや大きめの桶に水をためて使う方法がやりやすいでしょう。
着用時間が長い時など、濡れタオルでラバー表面裏面を拭くだけでは抵抗がある時には最適かもしれません。
ドレスやキャットスーツ2着程度なら、追加投入せずに洗浄できるようです。
使用方法にもよりますが、250mlボトルで15〜20回前後使用可能かと思われます。

beGLOSS Perfect Shine(パーフェクト・シャイン)

beGLOSS Perfect Shine

使用法
水またはぬるま湯5Lに対して大さじ1から2杯程度いれます。水面に浮くので、ムラを防止するために少し混ぜてから、ラバーを投入。
表裏ともに何度か水からバシャバシャと出し入れを行い、満遍なく行き渡らせてツヤ、テカリを出し、その後乾燥させて終了。
また、直接塗布してツヤ、テカリを出すことも可能。

使用法参考動画

使用感
Vivishineよりも粘度が高く感じられます。そのため、貯めた水に投入後に少し混ぜたほうが良いようです。
グローブやソックス、ストッキング、マスクなどの小物類には桶や洗面台で、キャットスーツやドレスなどにはバスタブで使用するとまんべんなくテカリを出しやすくなります。
ツヤ・テカリは申し分なく、一度投入でキャットスーツ表裏1着程度、ミニドレスなら2着程度は使用可能です。
それを超える時は、その都度追加投入すると良いでしょう。
また複雑な形状をしているなど、ツヤを出しにくい箇所には直接塗ることで更にツヤ、テカリを出すことが可能です。
使用方法にもよりますが、250mlボトルで20〜25回前後使用可能なことから、よりコストを抑えて、テカらせることが可能です。
なお桶や洗面台、バスタブには使用後にヌルヌルが残りますので、その際は風呂用洗剤でも、またボディーソープでヌルヌルを落とせます。

beGLOSS Talcum Powder(タルカム・パウダー)

beGLOSS Talcum Powder

使用法
ラバー保管時には、洗浄後にラバーウェアの表裏両面に直接パウダーを軽く振り掛けて使用。
ラバー着用時には、着用するラバーの内側や素肌、特に着用時に引っかかりやすい足や腕、腰回りに直接パウダーを振りかけて使用。

使用感
かなりキメの細かいパウダーで、ドレッシングエイドローションを使用して着用するのが苦手な方には最適かもしれません。
また、表面に使用するとテカリのないマットな質感のラバーとなるため、テカリのあるラバーとは異なる表情を楽しめます。
使用時には、化粧用コットンやパフなどを使用すると使いやすいでしょう。

beGLOSS Clean & Care(クリーン&ケア)

beGLOSS Clean and Care

使用法
ラバー表面にホコリなどの汚れがついてしまった際に、さっとスプレーて拭き取るだけで汚れを落とすことが可能。
また、予期せずラバー同士がくっついてしまった際にも破れや裂けを防止しつつ剥がすことも可能。

使用感
アルコール成分が入っているため、粘度が低く水やアルコールを吹きかけているように感じます。
ブラックなどのカラーでは目立つラバー表面についてしまったホコリをキレイに落とすことができ、拭き残しがあってもアルコール成分が蒸発することで跡も残りません。
拭き取る際にも、せっかく出したテカリを落とさないため安心して使用できます。

3.入手方法

 現在のところ、国内では日本未導入のClean & Careを除く、Easy GlideSpecial WashPerfect ShineTalcum Powderの各用品が、池袋Kurage店頭またはオンラインショップ原宿ForYourPleasureなどで購入可能となっています。

 また国外ではbeGLOSSオフィシャルサイトbeGLOSSのEtsy内ショップほかで購入可能となっていますが、送料がそれなりにかかるため注意が必要です。

4.まとめ

 ヨーロッパでは各地でbeGLOSSを頻繁に見かけるようになってきたため、一体どのような使い心地かと気になっていたものの、実際にいざ使用してみるとかなり使い勝手がよく、また着用前後のケアをこのラインナップですますことができ、しかも価格も求めやすいことから、ラバーが好きな方にとって福音となるのではないでしょうか。

 今後しばらくの間は集中的に使用してみた上で新しく気づいたことなどが出次第、随時こちらの記事はアップデートする予定です。

【補足】各ケア用品の比較

 現在市場にある主な各種ケア用品とその主な特徴を表形式にしてみました(Fetish Style調べ)。

商品名 滑り 洗浄 くっつき
防止
保護 光沢 保存 価格 コスト※
Easy Glide ¥3,000
(250ml)
¥120
Special Wash ¥2,500
(250ml)
¥100
Perfect Shine ¥3,000
(250ml)
¥120
Talcum Powder ¥2,500
(120g)
¥208
Clean & Care
Pjur Original ¥2,300
(100ml)
¥230
Pjur Cult ¥2,300
(100ml)
¥230
Pjur Cult Ultra Shine ¥3,200
(250ml)
¥128
Vivishine ¥3,000
(150ml)
¥200
Vividress ¥4,000
(250ml)
¥160

※コストは10mlまたは10gあたりで算出しています。

 これを見る限りでは、1回のラバーウェア着用にかかるコストが数百円程度かかっていることが解ります。またここの数値にはでていませんが、大きいボトルで購入が可能であれば、大きいボトルで購入し使用することでコストをより抑えられます。イベントなどで持ち運ぶ必要がある場合は、適宜移し替える方法もアリです。

2016/02/04 一部修正
latexcatsuit

latexcatsuit

Fetish-Style.info管理人(a.k.a. latexcatsuit)です。
フェティッシュファッション、特にラバーファッションへの思い入れがあり、少しでもフェティッシュファッション、ラバーファッションを知っていただくために、ほぼ毎日更新しています。
ご不明な点や質問等は各エントリーへのコメント、またはコンタクトフォームからお知らせください。
@latexcatsuit latexcatsuit

この記事にあなたのコメントを残してみませんか?