ラバーの取り扱い

所要時間: 3
 ラバーってケアが大変なんてよく言われますが、それほど大変ではなないんですよね、本当は。
 
 ラバーの性質を考えてみます。
 
1.空気、水の透過性がない
2.天然由来のもののため、手入れをしないとカビが生えたり、腐ることがある
3.紫外線や酸素との接触により、変質することがある
4.油分が苦手
5.一部の金属との接触で溶けたり、変質・変色することがある
6.透明や白、黄色といった色の薄い生地は色移りや変色しやすい 
など

 そこで気を付けるべきところは
 
1.吸湿性というか透過性がないんで、通常の洗濯ができない
2.ラバーと一緒にしてはいけないものがある
3.紫外線と酸素になるべく触れさせない
 
くらいです。これに気を使えば、気に入ったものをより長く楽しむことが出来ます。
 
 綿やナイロンとかでも洗濯時に気をつけないといけないこともありますし、色物柄物と洗濯すると色移りしたりもしますから、それと同じです。
 
 実際洗うときはどうするのかというと、簡単に挙げますと、
 
1.お風呂に入るときに、ボディーシャンプーで洗う
2.オイル類はダメ。色の薄いラバーと10円玉などの色の濃い金属と一緒にしない
3.保管時は酸素と日光に当たらないようにビニール袋とかに入れ、暗いところへ

 
 これだけです。ありすぎですかね。
 
latexcatsuit

latexcatsuit

Fetish-Style.info管理人(a.k.a. latexcatsuit)です。
フェティッシュファッション、特にラバーファッションへの思い入れがあり、少しでもフェティッシュファッション、ラバーファッションを知っていただくために、ほぼ毎日更新しています。
ご不明な点や質問等は各エントリーへのコメント、またはコンタクトフォームからお知らせください。
@latexcatsuit latexcatsuit

この記事にコメントを残してみませんか?