デザインの模倣

所要時間: 4
 デザインの模倣というと様々な分野で枚挙に暇がないほどありますが、最近ではラバーのデザインも模倣の対象となっていて、欧州のフェティッシュファッション系デザイナーがTwitterなどで現状への不満をよくこぼしています。
 
 確かに見た目はそっくりなものが、オークションサイトはじめショップでもチラホラみかけられ、圧倒的に安い価格で売られていることが殆どのようです。
 価格面でいけばデザイナーブランドと比べて半額以下と段違いに安いこともあり、手を伸ばしてしまいそうになるのですが、正直なところオススメできません。
 生地、縫製(ラバーの場合は貼り付けになりますが)、ジッパー、何れをとっても一部を除き褒められるようなものではないからです。
 
 例えばラバー生地ですと、Radical Rubber社や4D Rubber社がファッション用ラバー生地の供給元として有名ですが、多くの場合これらの会社のものを使っていません。使用されている生地には、その生地厚にムラがあったり、ヨレがあったりするものまであります。また生地そのものに何らかの添加物が混入されているためか、前述の生地に比べ明らかに劣化が早いものまであります。
 
 次に貼り付けですが、その貼り付けが甘かったりするのは勿論のこと、ゴム糊が関係ないところに張り付いていたりすることもあります。
 
 最後にジッパー。これがかなり大きな問題で、ジッパーの金具(閉めたり開けたりする部分)に耐久性がなかったり品質が粗悪なために、ジッパーそのものが壊れてしまい用をなさなくなったりすることさえあります。
 
 そういう安いのを買ってしまうと、悪貨は良貨を駆逐すると言われるように本家本元が窮地に立たされ、いずれ消え去ってしまうであろうという可能性を考えると、安い模倣品ではなく高くても本家本元で買ってあげるべきだと考えます。
 一度や二度着るだけで破れても構わない、多少の不便があっても安いほうがいい、というのでしたらオススメできますが、もし少しでも疑問に思うところがあれば、倍またはそれ以上だしても欧州製の名のあるメーカーのものを買われることをオススメします。ファッションというオリジナリティーを守るために
 
2010/11/15加筆
フェイク商品のページがありました。
http://knockoffknockdown.tumblr.com/
 
latexcatsuit

latexcatsuit

Fetish-Style.info管理人(a.k.a. latexcatsuit)です。
フェティッシュファッション、特にラバーファッションへの思い入れがあり、少しでもフェティッシュファッション、ラバーファッションを知っていただくために、ほぼ毎日更新しています。
ご不明な点や質問等は各エントリーへのコメント、またはコンタクトフォームからお知らせください。
@latexcatsuit latexcatsuit

この記事にコメントを残してみませんか?